Webでの炎上問題

弊社のニュースレター(インテリジェンス7月号)にWebでの炎上問題をテーマにしたクイズを出題しました。

以下設問の一部をご紹介します。

以下の記述のうち妥当なものはどれか。

Q1 企業または官公庁によるツイート、ポスター、CMその他の情報発信が炎上する場合は、差別、コンプライアンスその他社会的に明らかな問題が指摘される。

Q2 上記の参議院議員による炎上事例では、所属政党の執行部の対応の遅れが指摘されている。ついては、企業の情報発信が炎上した場合は、直ちに道義的な謝罪をはじめとする今後の対応を表明すべきである。

Q3 上記の参議院議員による炎上事例では、報道各社から問い合わせが殺到した。こうした場合、担当者不在を理由に即答を避けると深刻化するおそれが大きい。

Q4 炎上の理由となったツイートその他の発信された情報は、炎上を察知した時点で削除または回収などを手配した上で、その他の情報発信も精査しつつ経過を観察すべきである。