社員・職員が意識したいサイバーセキュリティ

弊社のニュースレター(インテリジェンス7月号)に「社員が意識したいサイバーセキュリティ」をテーマにしたクイズを出題しました。

以下設問の一部をご紹介します。

以下の記述のうち妥当なものはどれか。

Q1 昨年末から少なくとも6回もアップデートされたマルウエア(≒コンピュータウイルス、悪意あるプログラム)がある。1年未満の間でこの回数のアップデートは珍しい。しかし、こうしたケースがある以上、セキュリティソフトに依存せず個人としても細心の注意を払う必要がある。

Q2 「請求書をご確認ください」などと自然なやり取りを装ったメールを発信するマルウエアもある。見破るためには、「Re」の記号が付されているなど、元のメールから返信されたものか、あるいは新たに送信されたものかに注意する必要がある。

Q3 マルウエアには、メールに添付されたWordやExcelのファイルを開いて「コンテンツの有効化」等の表示をクリックすると感染するタイプがある。この種の問題あるメールは、実在の企業のドメインと類似したドメインが使われている。

Q4 マルウエアに感染した場合、起動が遅くなる、再起動を繰り返す、急に動作が重たくなるなど通常とは異なる状況がある。こうした場合の初期対応では、まずは疑わしいメールやファイルを削除することである。